昨日悲しい出来事がありました。

イベントで知り合い、とても大切な友人。



彼女は突然逝ってしまいました。





訃報の連絡が入り、しばらくは信じられず。。。
ひょっこりメールや電話でもかけてきそうな感じで。


いつもハイテンションで元気印だった彼女。
ムードメーカーでもありました。



彼女との出会いはハンドメイドのイベント。
武雄出身ということで、意気投合。
はじめて会う人にも、ぜんぜん初対面でない対応。

あんな元気だった彼女がなぜ。






そんな彼女に、今日会ってきました。
とてもいいお顔でした。


彼女は病気で、両親以外誰にも言うことなく
旅立ちました。


いま思えばもっと連絡しとくんだった。
電話すればよかった。
色んなことが悔やまれます。



メールしても普通に「元気だよ!cocoyuさんも身体気をつけてね♪」
なんて、ちゃめっけたっぷりで返ってきて。


きっと、心配させない彼女なりの配慮だったんだね。



体調が悪いのは知っていて、入院してることは誰にも言わないで、
って口止めされてて。

その後、退院し自宅でゆっくりしてると聞いていたので
私もつい安心してしまって、連絡をあまりとってなかった。




今日、久しぶりの再会でした。
会うのは1年ぶり。


彼女の顔をみたら、涙があふれ
ご両親に挨拶をと思っていましたが、
号泣して、とても顔を上げれる状態でなく。。。
しばらくは動けませんでした。


まだまだこれからだったのにね。



彼女とイベントの企画してたのにね。
ごめんね、すすめれらなくて。


またいつかやろうよ。



そう、言いたい。。。。




武雄でイベントするのは彼女の夢だった。
二人で手作りについて語り合い、
それが現実に。

第一回が大成功し、第二回目も沢山のお客様に来ていただき
沢山の方に支えられてとても嬉しそうだった。



沢山の方からの「また第三回やってよ!」の声に
昨年彼女が動いた矢先の入院でした。



私一人ではとても規模が大きすぎて、進めることができませんでした。
他の友達も手伝うからといってくれてたのですが、、、。


行政に頼ってもみましたが、色々と準備しなくてはならないこともあり。
結局お蔵入りに。



今日ね、お通夜で
「彼女が興したイベントを続けたいね」ってみんな言ってたよ。



ホント、叶うといいね。
叶った時は天国から応援してね。




    アリガトウ、アリガトウ。











今日の読経後の説教法話
とてもいいお話でした。



あたりまえ

こんなすばらしいことを、みんなはなぜよろこばないのでしょう。

あたりまえであることを。お父さんがいる。お母さんがいる。

手が二本あって、足が二本ある。
行きたいところへ自分で歩いて行ける。
手を伸ばせばなんでもとれる。音が聞こえて声がでる。

こんなしあわせはあるでしょうか。

しかし、だれもそれをよろばない。あたりまえだ、と笑ってすます。

食事が食べられる。夜になるとちゃんと眠れ、
そして、また、朝がくる。空気を胸いっぱいにすえる。

笑える、泣ける、叫ぶこともできる。
走り回れる、みんなあたりまえのこと。

こんなすばらしいことを、みんなは決してよろこばない。

そのありがたさを知っているのは、それをなくした人たちだけ。

なぜでしょう。あたりまえ。



『飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ』より
作者 井村和清




                   Thank you!




スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

cocoyu

Author:cocoyu
佐賀県在住。
のんびりとハンドメイド生活を楽しんでいます。
毎日更新は出来ないかもしれませんが日々の暮らしを綴っていけたらと。。(^-^)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター